カラー

アリーナのイリデセント・エフェクトは、ノワールブルーのバックグラウンドにエレクトリックヴァイオレット、アズールブルー、ペールグレイを浮かび上がらせることにより、生み出されています。根元のベースカラーがこのカラーテクニックの重要な要素であり、輪郭と深みを創造します。アクセントのアシッドゴールドがバングの輪郭を描いてアズールブルーに溶け込み、ムーディーな雰囲気を演出します。これらのイリデセントカラーの組み合わせはカットの形状を見事に強調し、全体的なシームレス感を通じて流動性を加えています。

 

 

カラー

 

デザインをする前のカラー状態:
根元:5N
中間〜毛先:5N



全頭のプレリフトアップ:
ゴールドウェル ブリーチを使用して15レベル以上(日本のレベル)になるまでリフトアップ

カラー

シルバライジング:
カラランス: 10VV (放置時間:10分)
カラランスローション

根元のシェーディング/ダークバックグラウンド
■ノワールブルー
トップシック: 8SB + 3N + A-mix
[5:1:2]
トップシック ローション6%

 

 

カラー

イリデセントカラー:
■エレクトリックヴァイオレット
エルーメン: Pk@all + Tq@all + SV@10[7:3:10]
■アシッドゴールド
エルーメン: YY@all + AB@9[5:1]
■ペールグレイ
エルーメン: AN@5 + SV@10 + SB@10[1:5:20]
■アズールブルー
エルーメン: Tq@all + NB@5 +Bl@all[11:1:5]

 

 

 

 

 

 

カット&スタイリング

オーバーレイヤーを施したセクション構造

刈上げパートとトップにオーバーレイヤーを施したセクション構造のコンビネーション。アリーナのヘアカットは、クリーンな輪郭と力強いアウトラインを持つ凸型のネープセクションがベースになっています。ブロックグラデーションを用いて長さを短くし、内側に丸みを帯びたトライアングルを創ります。同時に、トップセクションに動きを出します。ディスコネクトになっているバングセクションをポイントカッティングすることにより、このシェイプを創ります。ディープスライスカッティングでボリュームを減らしてテクスチャーのある表面を創ると、歩くたびに髪に動きが生まれます。

テクスチャー&スタイル

顔周りにソフトな流動性を与える


アリーナのスタイルは彼女の顔を完璧にフレーミングし、イリデセント・エフェクトを最高の形で表現しています。このソフトな流動性を実現するには、「スタイルサイン グラマーホイップ」を塗布します。小さなパドルブラシを使って、柔らかい流れを作り出すために真横から髪が顔にかかるようにまっすぐにブロードライしてください。その後、ヘアアイロンでスタイルを整えます。強い輝きと動きを保つには、「スタイルサイン ビッグフィニッシュ」と「スタイルサイン ダイヤモンドグロス」を使用してください。